FC2ブログ

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://flugsamen.blog72.fc2.com/tb.php/219-84b0c465
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 : 2011.10.17[Mon]

世津子様

壁です。

 壁のもよう


壁は乗り越えるものなのか、自然に崩壊するのか、こちらがわから眺めて楽しむものなのか。

とはいえ、ちょっとしたたのしさがあるでしょう? この壁。

今日の原発問題のお手紙のあと、ということもちょっと意識してもいます。

久子





久子様

貴女の言うとおり、壁は乗り越えるものであり、自然に崩壊するものであり、こちらがわから眺めて楽しむものでもあり、
内側の人を守るものであったり、外側の人を守るものであったり、堰き止めるものであったりしながら、飾りでもあったりするかもしれません。
この壁のありようはなかなかなものだなあ。 まるで地図のようだ。
IMG_8001.jpg 
R0018645.jpg

壁といえば、昔ベルリンの壁のかけらを幾つか持っていて、それは知人がベルリンで拾ってきてくれたものでした。
まだどこかに仕舞ってあるはずだけれど、何処だろう?
1989年11月10日。壁の崩れた日、目玉が落ちるほどに驚いた気持ちを覚えています。
どきどきしながら一日中テレビのニュースを見ていたことを思い出す。

あの壁は自由の抑止を象徴していましたね。

世津子

10万年の始まり // COMMENT[-] // TRACKBACK[0] // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

壁 のトラックバックアドレス
http://flugsamen.blog72.fc2.com/tb.php/219-84b0c465
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。