FC2ブログ

スポンサーサイト : --.--.--[--]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // COMMENT[-] // TRACKBACK[-] // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://flugsamen.blog72.fc2.com/tb.php/176-ee3d94af
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

葉っぱ : 2011.10.05[Wed]

阿蘇の葉っぱ


世津子様

8月に、阿蘇へ行った時に、ふもとで見つけました。
なぜこんなふうになるのか不思議でたまりません。

読書の栞に使っています。今読んでいるのはサマーセット・モームの『人間の絆』(中野好夫訳)です。
とても面白い。世津子さんはもう読みましたか?

今日読んだところにこんなくだりがありました。

『フィリップの心は軽やかに踊った。今までは、ただ物の本で読んだだけだったが、今にして初めて芸術というものは(というのは、自然をみる彼の目にはいつも芸術があったからだ)、人の魂を苦痛から解放してくれるものだということをいうことをしみじみと知った。』


10月5日  久子




久子 様

美しい葉を見せてくれてありがとう。
緑と茶色のコントラストがとても美しい。

私は先週、林の中の散歩でずっと穴の開いた葉を捜し続けました。
葉に開いた穴は何か語りかけてくるような気がしたからです。
まるで文字のように思えてきて、落ち葉をザクザク踏みしめながら
読み続けました。

サマーセット・モームの『人間の絆』は随分昔に読みかねてやめてしまった本です。
何故やめてしまったかという理由も忘れてしまいました。
本は閉じたままで、どこかに消えました。

a1.jpg


今、久子さんにそのくだりがとても響いたのですね。

ちなみに昨日の私は音楽に癒されていました。

4_20111005233018.jpg   そうそう、これはこの間撮ったヒマワリの葉です。
 


10月5日 世津子






世津子さん

私が特に響いたのは 『自然をみる彼の目にはいつも芸術があった』という部分です。
自然を、芸術のようにみるまなざしっていいなあと思うのです。

久子




久子様

わたしは
”芸術を自然のように見る"事が出来る時があったら、それは素晴らしいだろうなとおもいます。



世津子
10万年の始まり // COMMENT[-] // TRACKBACK[0] // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

葉っぱ のトラックバックアドレス
http://flugsamen.blog72.fc2.com/tb.php/176-ee3d94af
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。